© 2018 INFINITY PRODUCTS CO., LTD.

I’ve been thinking since I saw a watch like this specs 1960’s watch, When I thought I should be homage build received inspirations. It’s hard work to vintage finish, I can’t explain to write here all of them.

I began to build a case. Reshape crown guard to called point guard. That’s wonderful shape from lug line to jump up to the bezel. And thin lugs with german curved chamfer, Used fat spring bar.  Aged bezel without rotation stopper, And I built pearl dot with luminau.

This case attached mineral crystal, But I wanna Plexi for it, And I replaced #25-22 Plexi cristal, This plexi glass is 3rd party replace for vintage Daytona 6263 originally. I'm very luckey to have a same size of this watch. It's great to see a side veaw High-dome shapes.

And the dial ! I had a lot of the time to splayed a dial to tropic. Tropical dial is aging color fade away dial, I did expression with air brush hand splayed, Strarted Yellow base color, Splayed Dark brown, Light brown, And black, Than I print a index, And added a hand painted orange lumi, And finally aged processing. I had a many many times for consent myself.

Movement is Miyota ( Citizen ) Cal. 8215. Very simple general purpose moment made in Japan. It’s 2nd stage pull to adjust a time. *1st stage for date because it is general purpose movet.

Many watch maker uses this movement at the market.

Strap is cow leather, I built like a vintage. I love at 1st sight since I saw this leather material. I built for this watch dial image. *Do NOT use the leather cleaner does discoloration to top leather skins.

The case, Crown, Buckle are all no engraved, My goal is true Homagewatch !

 

This watch is NOT for beginner, I recomend for watch collecters, True watch lovers !

 

私が60年代に製造されたこの仕様の時計を見てから頭から離れず、これはHOMAGEとして作るしかないとインスピレーションを受けて製作いたしました。この時計にはここへ書ききれないほど非常に細かなVintage仕上げが施されています。

まずケースの製作から始まりました。特徴なのは日本で言ういわゆる「ヒラメ型」のリューズガードの加工でした。ラグのラインから流れるようにベゼル方向に跳ね上がるデザインがグッと来ます。そして細いラグに大きく取ったジャーマンカーブ(面取り)ラグ穴は太いバネ棒が装着されています。

このケースに付いていた風防はミネラルガラスであったのですが、ヴィンテージのようにプラ風防にしたくて、在庫を探したところ6263デイトナ用の#25-22風防がぴったりでした。ハイドーム形状で横からの見姿が格段にかっこいいです。

ベゼルは回転止めなしのベゼルにインサートははめ込み式。ルミナスポイントはプラスチック(アクリル)の内部にルミノールが入るヴィンテージ仕様です。
そして文字盤の製作に時間を費やしました。経年劣化で色が抜けた(元は黒)いわゆるTropical Dialと呼ばれる黄色がベースになる文字盤は、エアブラシで仕上げた後にシルク印刷し、ルミノールを手塗りした後にエイジド処理(ヴィンテージ加工)されています。自分が納得するまでやり直したのでかなりの時間を費やしました。

ムーブメントはMIYOTA(シチズン)の8215を使用しています。汎用ムーブですので2段引き(本来一段引きでデイト調整です)で時間調整できるタイプです。このムーブは非常にコストパフォーマンスに優れており多くの自動巻き時計に使用されています。

ベルトは牛革を特殊加工したヴィンテージ仕様。この革素材を見たときに一目惚れし、この文字盤に合わせてハンドビルドで制作しました。*革の風合いが変わってしまいますんので、レザークリーニング剤は使用不可。

ケース、竜頭、バックル全て無刻印で真のHOMAGEウォッチを目指し制作されています。

今回はPROTOTYPEですので1本限定。自分用に組み上げたのですが気に入って貰える人がいればと特価で放出します。粋なヴィンテージコレクターの方にお勧めです。

KEROX WATCH CO. V5513T PROTOTYPE

  • ・本製品はエイジド加工(傷やシミを含む)が施されています。機能上の不具合以外は保証対象外です。また、試作機のため試作上の荒が見えない部分に含まれる可能性があります。予めご了承下さい。
    ・製品の保証対象はムーブメント、ケースのハードウェア上の故障のみです。

    ・ベルトの長さ:
    バックル内部>小穴の一番短い部分 およそ173mm
    バックル内部>小穴の一番長い部分 およそ211mm

    尾錠と時計本体を含む全長     およそ255mm
    *金尺を当てている画像をご参照下さい。

    *ベルトサイズに関しては返品対象外。

    ・プラ風防に交換しているため防水は生活防水を基準にして下さい。

    初心者、ヴィンテージ時計を知らない人には不向きな商品です。単品製作のため返品交換出来ません。